アイハーブ

ダイエットや健康的な身体には良質な油を摂ることが重要!「Nature’s Way オーガニック MCTオイル」


Nature’s Way, オーガニックMCTオイル、480ml



久しぶりにMCTオイルを買いました。

流行りもので一瞬だけ流行ってすぐ消えるものって世の中あるあるですが、
MCTオイルは度々登場し、度々浮上してきますよね!

本当に体に良いものは消えないというのが答えだったりするし、
後に当たり前とかそれが常識にもなりますよね。


昔のブログを見返してみたら、4年前にもMCTオイルの記事を書いていました。

気になる方はこちら

NATURE'S WAY
¥2,276 (2021/11/18 10:49時点 | Amazon調べ)

完全無欠ダイエット

数年前「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」本から火が付いた、
完全無欠コーヒー・バターコーヒー

グラスフェッドバターとMCTオイルを使うのでその頃も流行りました。

著者はダイエットを研究し、それを完全無欠ダイエットと名付け、
140kgから50kgのダイエットに成功したそうです。

著:デイヴ・アスプリー, 翻訳:栗原 百代
¥1,426 (2021/11/17 12:42時点 | Amazon調べ)

糖質制限・ケトジェニックダイエット

また最近のダイエットと言えば、
食後の血糖値の上昇をコントロールする糖質制限ダイエットや、


糖質を抑えて脂質を多く摂るケトジェニックダイエットは、

糖質を極端に減らすことでエネルギーになる糖質が不足し、
体内で脂肪が分解されてケトン体が発生し、
身体をケトーシス状態にするというものです。


このどちらも糖質など抑えるものはもちろんありますが、
それは昔から炭水化物やお菓子は太るというのは当たり前で、
鍵となるのが脂質・良質な油、MCTオイルなどを摂るということです。


単純にダイエットと聞くと、
今までの常識では、油は全く取らない方がいいと思われていましたが、
油は身体の働きにも健康にも良いもの、欠かせないもので、
ダイエットをする上でも、良質な油を適量摂るということはとても重要な事です。


私は最近、バターコーヒーは簡単インスタントで美味しいこちらを愛飲しています。

ココナッツオイル、グラスフェッドバター、MCTオイル、
インスタントコーヒーなどが粉状にブレンドされたもので、お湯を入れるだけ簡単です◎

RAPIDFIRE, ケトジェニックコーヒー、7.93オンス (225 g)

油は慎重に選ぶ

油とひと言で言っても実に様々な種類があります。

良い油、良質な脂質は体を健康にしますが、
悪い油、原料や酸化などによって体を不健康にする油のほうが日常では圧倒的に多いので、
油は本当に気をつけなければいけませんし、とても奥が深いです。

間違っても、スーパーで安価に売られているサラダ油やキャノーラ油などは危険な油ですし、本当に体に悪いので、将来の健康を考えるなら絶対に避けて頂きたいですし、油は植物性だから良いというものではありません。
マーガリンはトランス脂肪酸が含まれていて、食べられるプラスチックと言われているほど人工的な化学食品です。

これを使うのは当たり前だし、みんな買っているし、そもそもそんなに体に悪いものを売るわけがない、安いものを安いからと何も考えずに無意識で買う。

というのは最悪今はいいかもしれません、
悪いもの化学物質や毒素などは排出されず体に内臓に蓄積され病気の原因になります。

私は食品に対して無知ではいたくないので自分で何が正しいのか調べるようになりました。

MCTオイルって何?

MCTオイルってそもそも何ですか?という方も多いと思います。


MCTオイルは、ココナッツやパームの種子などに含まれる天然成分の「中鎖脂肪酸」のオイルのこと。

ココナッツオイルやパームオイルには約60%の中鎖脂肪酸が含まれていて、残りの割合は長鎖脂肪酸。
MCTオイルはその中の中鎖脂肪酸のみで作られた100%中鎖脂肪酸オイルです。


一般的な植物油は「長鎖脂肪酸」が多く、
いわゆる油は太ると言われるのはこちらで、
消化管を通って中性脂肪となり、脂肪として体内に蓄えられます。


それと比べると「中鎖脂肪酸」であるMCTオイルは、
消化・吸収が早く、体脂肪として蓄積されにくいという特徴があります。

MCTオイルの効果

ダイエット

体脂肪の燃焼をサポートし、過剰な食欲も抑える。

MCTは脂肪を蓄積しにくく、筋肉中のミトコンドリアを増やす働きがあるので、
脂肪を効率よくエネルギーとして使えるので、脂肪燃焼作用を促します。

運動やトレーニング

運動、スポーツ、アスリートにも良い効果がある。

運動をしても疲れにくく、持久力も上がり、
疲労回復のスピードも早く、筋肉量も増えるそうです。

認知症予防

認知機能を高め、アルツハイマー型認知症の予防にもなる。

糖質を抑えて、MCTオイルで良質な脂質を摂取することによって
効率よくケトン体を作り出し、これが脳の機能に有効なエネルギー源としても注目されているので、脳の健康寿命も延ばしてくれるのだそうです。


他にも、
●血糖値の乱高下を抑える働き
●腸内環境の改善
●睡眠の質を上げる
●集中力を高める

などMCTオイルには、様々な効果があります。

Nature’s Way オーガニックMCTオイル 480ml

アイハーブではMCTオイルがいろいろありますが、
まずは基本ですね、オーガニックのものを選びます。

あとは、人気のあるもの、売れているものから選べば間違いない説。

あとは、個人的にはパッケージがオシャレだと尚良しという感じ。

  • USDA(米国農務省)認定オーガニック
  • Non GMO Project(非遺伝子組み換えプロジェクト)認定
  • BPA不使用
  • ヴィーガン
  • グルテンフリー
  • ケト認定製品

ボトルは、BPAフリーのプラスチックボトルで、
真っ黒の遮光ボトルなので酸化しにくくなっています。

内蓋あり、きちんと密閉されています。

蓋部分はこのような感じで、
真ん中のオイルが出る部分は酸化防止で、
上蓋を開けても穴が開かないような作りになっていて、切り込みが入っています。
逆さまにして出す時にボトルと押すと、ピューっと中身が出る仕組み。

これが結構勢いがいいので少し注意が必要です。

MCTオイルは無色透明、無味無臭、サラッとしたオイルですが、
試しに少しそのまま飲んでみるとやはりココナッツオイルの香りがほんのりして、
美味しい!これなら普通にスプーンで飲めますね。

摂取量と注意点

MCTオイルの摂取量は、1日約大さじ1~2杯が目安とされています。

摂り方としては、もちろん完全無欠コーヒーであったり、普通にコーヒーに入れたり、
スムージーに混ぜる、ヨーグルトにかける、サラダにかける、お味噌汁に入れるなど。

注意としては、MCTオイルは加熱調理には使用できませんので、
炒め物や揚げ物など調理には使用しないでください。

まとめ

私的に積極的に摂りたい油としては、
MCTオイル、オメガ3、亜麻仁油、えごま油などがありますが、
これらは調理用ではないので、調理用の油も私なりに気を使っています。

健康で長く元気に過ごしたいので、私の中で油選びは特に重要!

そしてどれにするかを選ぶことがとても好きなので、趣味のようなものでもあります。

皆さんも是非、良質な油で元気な身体を維持してください◎


iHerbのMCTオイル一覧を見る


Nature
Nature
Nature


\Amazon・楽天などでも買えます/

NATURE'S WAY
¥2,276 (2021/11/18 10:49時点 | Amazon調べ)
イノカ

最後まで読んでいただきありがとうございます(ó㉨ò)*

ブログランキングに参加しています。
下のバナーをポチッと応援していただけるととても嬉しいです♥

\ iHerb 誰でも使える5%割引クーポン /

アイハーブでのお買い物がはじめての方&
リピーターの方も使える割引クーポンが用意されています!こちらから入るとカート画面に割引コードが入力されますのでご活用ください♪

iHerbトップページ