アイハーブ

「しっかり落ちるのにしっとりやさしい」オーガニック成分配合のクレンジングジェル


こんにちは、iHerb大好きイノカです(ó㉨ò)♪

このブログでは、アイハーブ歴10年以上の私が買って良かったものや、おすすめ商品などをご紹介しています。


今回は、ACURE(アキュア)ブライトニングクレンジングジェルをご紹介します。

個人的にクレンジングは水溶性のジェルタイプが良いということで落ち着いてから、いろいろなジェルクレンジングを試しています。

アイハーブでは人気の商品なのでご存知の方も多いかもしれませんがご紹介します!

\iHerb 割引クーポンコード/

アイハーブでは、お買い物がはじめての方やリピーターの方も使える
割引コードが常時用意されています。

※60ドル=現在約8,400円
※各リンクから入っていただくとカート画面に自動で割引コードが入りますので、
よければお使いください。

Acure(アキュア)


アキュアは、アメリカ発のスキンケア、ヘアケア、ボディケア製品ブランド。

アイハーブでも長年人気の高いブランドです。

製品は100%ヴィーガン&クルエルティフリーで、パラベン、硫酸塩、ホルムアルデヒド、パラフィン、鉱物油などは一切使用していません。

安全な原料のみを使用し、USDAオーガニック&NSFオーガニックの商品も多くあります。

USDAオーガニック:アメリカ農務省によるオーガニック認証制度
NSFオーガニック:
オーガニック成分を含むパーソナルケア商品に関して定められた認証

ブライトニングクレンジングジェル

》ACURE, ブライトニングクレンジングジェル、118ml


ザクロ、ブラックベリー、アサイーなど肌を整える成分が配合された、全ての肌に使えるオールスキンタイプのクレンジングジェル。

肌に優しい成分で作られているので、乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌の方も使えます。

ノンコメドジェニックで毛穴を詰まらせないで不純物を優しく取り除き、デトックスして肌を明るくするように処方されています。


クレンジングとしてメイクはきちんと落とせるのですが、洗浄力が強すぎない事と、水を加えることで泡立つので洗顔にも使えるものですので、メイクも落とせる洗顔料という感じ。

  • パラベンフリー
  • サルフェート(硫酸塩)フリー
  • ミネラルオイルフリー
  • ワセリンフリー
  • ホルムアルデヒド不使用
  • クルエルティフリー(動物に危害を与えず製造されています)
  • Leaping Bunny(リーピングバニー)認証済み

商品紹介

アキュアの製品はシリーズごとのパッケージが似ているので、同じブライトニングシリーズのフェイシャルスクラブとほぼ同じ感じです。

大人気なのに長年避けてきた「アキュアのフェイシャルスクラブ」人気なものには人気な訳がありました。 こんにちは、iHerb大好きイノカです(ó㉨ò)♪このブログは、アイハーブ歴10年以上の私が買って良かったものや、おすすめ商品などをご...

このクレンジングのジェルはとてもゆるいので、出過ぎ防止のために、蓋を下にして立てておくより、蓋を上にして立て掛けておく方がいいかなと思います。

トロトロのジェルで、ほんのり柑橘系の香りです。

水分が無い状態でこすると、泡ができる前の状態のように白くなります。

こちらが水を加えた状態で、水を加えるとこのように結構泡がたちます。

この商品紹介部分では、商品のテクスチャーがわかりやすいようにこのような画像の説明をしましたが、使い方はちょっと違いますので、その点はお間違いなくです!

使い方

この商品の使い方は、

  1. 濡らした手にジェルを適量(100円玉くらい)出して
  2. やさしくマッサージしながらメイクや汚れを落として
  3. 洗い流す

ポイントは、「手を濡らして使う」ということ



一般的にクレンジングの使い方でよくあるのが、

手も顔も乾いた状態でクレンジングをのせて、メイクとクレンジング剤が馴染んだら、流す前に水を加えて、乳化させてから洗い流す。

という感じが多いのですが、実はクレンジングの性質を理解していなければわからないことというのがあります。

ご自身が使っているクレンジングの種類はわかるけど、性質まではよく知らないという方も多いのではないかなと思います。


実際アイハーブの商品ページに使い方の説明を載せていないのも問題だと思うのですが、やはりレビューを見ると皆さん使い方もバラバラのようでした。

アイハーブで売られている海外の洗顔料やクレンジングは、イマイチ使い方がよくわからないものが多いので、わからないまま適当に使っているという方も多いのかなと思います。

性質を理解する

「クレンジングの性質」それは、油性か水性かということ。


もちろんクレンジングオイルであれば油性ですし、クレンジングバームも油性です。

クレンジングクリーム、クレンジングミルクも油性なのですが、油性成分は少ないとされていて、商品によってはオイルフリーのものもあります。

クレンジングジェルは、油性と水性の両方があります。

水のようなリキッドクレンジング・クレンジングウォーターなどは水性です。


これを簡単に分けるなら、油性はクレンジング力が強い、水性は弱い。


そして、その性質によって濡れた状態で使えるかどうかが変わってきます。

水性の場合は、「水に濡れても洗浄効果は落ちない」ので、最初から水に濡れていてもクレンジングの効果は何も変わらないのです。


なので、今回のクレンジングは水性のジェルクレンジングなので、適度に手を濡らすことで肌への摩擦が軽減され、滑りが良くなるので、肌への負担を考えると説明通り濡らして使う方がいいかなと思います。

スキンケアで一番気をつけなければいけないのは摩擦!
肌をいかに擦らずにスキンケアを行うかで肌の状態も、それによる老化も起こってきますので気をつけなければいけません。


ですが、正直、人によっては乾いた状態で使いたいという方もいるかと思いますので、その場合はそれでも別にいいと思います。洗浄効果は変わらないので。

しかしその場合は、なるべくクレンジングは多めにたっぷりと使い、摩擦を軽減するのがいいと思います。

私も毛穴の汚れを落としたいというときには、しっかりジェルの状態で使いたいので、水を使わず、多めに手のひらに出して、それを伸ばさずハンドプレスするように顔に抑えて、手と顔の体温で温めながら、摩擦しないようにやさしく使うということをしています。

ジェルのタイプを知る

昔から「ジェルクレンジングはクレンジング力が強すぎるから肌に良くない」というような事を言われていたので、私自身ジェルクレンジングを避けてきましたが、

それは私の知識不足で、油性のジェルクレンジングがそうであって、水性のジェルクレンジングはやさしいタイプであるということを知りました。

※細かい話になると、水性のジェルタイプでも、オイルインとオイルフリーがあり、今回の商品で言えば成分の中に、オレンジ油・レモン果皮油・シーバックソーン果実油(たぶんエッセンシャルオイルで香り用かな)が含まれているので、こちらはオイルインということになるのだと思いますが、その辺は若干の違いかなと思います。


なので、今回ご紹介するような水性のジェルクレンジングは、肌への負担が少ないので、ニキビ肌や敏感肌の方でも使える肌にやさしいクレンジングです◎

まとめ

今回はアキュアのブライトニングクレンジングジェルをご紹介しました。

刺激がなく肌にやさしいクレンジングで、ジェルなのでスッキリできちんとメイクは落ちるけど、洗い上がりはしっとり、乾燥したりせずやさしい使い心地で人気の理由がわかりました

レビューを見るとリピートしている方もかなり多かったので、これに一度ハマるとやめられないのかもしれませんね!


私は最近アイハーブで選んだクレンジングが、毎回良いもので毎回リピートしたいのですが、また新しいものを使ってみてブログに書かなければという思いがあるので、毎回泣く泣く新しいものを買ってみていますが、それもまた良かったりするのですよね~

なので、今回私がご紹介した「水溶性のジェルタイプのクレンジング」は低刺激でおすすめなので、是非選ぶ基準に加えていただけると嬉しいです^^


イノカ

ブログランキングに参加しています。
バナーをポチっとしていただけると嬉しいです**

にほんブログ村 美容ブログ iHerb生活へ 
\ iHerb 誰でも使える5%割引クーポン /

アイハーブでのお買い物がはじめての方&
リピーターの方も使える割引クーポンが用意されています!こちらから入るとカート画面に割引コードが入力されますのでご活用ください♪

iHerbトップページ

おすすめの記事